暗闇の果てで君を待つ(君が主人公とは一言も言っていない)

「暗闇の果てで君を待つ」という乙女ゲーがあります。
2009年にニンテンドーDSで発売されたサスペンスミステリーゲームで、林間学校中にバス移動していた主人公たちが、誘拐されて山奥の建物に閉じ込められた状態で目覚めて……という出だしから始まるストーリーです。

当方、男なのですがこの乙女ゲーはなんの違和感もなく全攻略対象のキャラクターを攻略できました。
絵柄の好悪については個人差があるので置いておきますが、このゲームの基本は昔懐かしい「脱出ゲーム」なんですよね。

今でもインターネットで検索をかければ、FLASH製のフリーでブラウザーで遊べる脱出ゲームがたくさん出てくるかと思いますが、この手のゲームの歴史はかなり古く、脱出に必要なアイテムを探して、使い方や手順を考えて、試行錯誤するというゲームです。
それをDSのタッチペンシステムと融合させる……まではまだ他の製品のゲームでもやっていますが、攻略対象をタッチすることにまで上手く融合させているんですよね、このゲームは。

例えば「なんか書いているけど汚れていて見えない」所があります。
本来ならそれは「雑巾」を「水場」で濡らして「拭く」ことで「見える」ようになるのですが、攻略対象の一人にスポーツマンがいて「汗で濡れた」「シャツ」にタッチすることで「脱がせて」「シャツで汚れを拭く」なんかができたりします。

セクシーなイケメンの脱ぎ姿のスチルと思いっきり服を汚されたことにショックを受けるこの対比!!

なんてことを平気でやらかす実は肝の据わりまくったヒロインや、殺人鬼に命を狙われる怖さ、攻略対象キャラクターの人間的成長、愛情と憎悪の入り混じった犯人の魅力……色んな要素がぎっしりと詰まった、性別を問わずにオススメできるゲームです。

beatmania iidxについて

KONAMIが提供している音楽ゲームです。7つの鍵盤とスクラッチで構成されたコントローラーを用い、音楽のリズムに合わせて画面の上から降ってくるノーツ(横状の棒)が下のラインに重なったタイミングに合わせて鍵盤を押す(スクラッチを回す)ゲームです。難易度は12段階に別れており(☆1、☆2・・・などと表記)、各曲はNORMAL,HYPER,ANOTHERの3段階の難易度譜面が用意されています(一部例外もあり)。また、1曲あたりの平均時間は約2分です。☆3あたりまでは、どのボタンを押せばよいのか認識がおぼつかないような人が練習できるレベルの譜面が用意されていますが、レベル4からは少しずつ降ってくるノーツの密度があがってきます。人差し指と中指だけでプレイする「北斗運指」のスタイルが通用しなくなり、☆9以上になると親指、薬指も駆使した固定運指が必須になってきます。特に☆12の譜面は1曲約2分間の間に1700~1800ノーツクラスで、上位になると2000ノーツ以上降ってくる譜面もあり、1秒あたりの平均で言うと15ノーツ以上見切って押さないといけないようなものばかりです。それだけ極め甲斐のあるゲームであり、その人の実力を示す指標の1つに段位認定というものもあります。段位の階級は上から順に、皆伝、十段、九段、八段・・・・二段、初段、初級、二級・・・、七級、となっており、各段位は課題曲4つをクリアすると合格となります。皆伝に合格した人の中でも上位層に位置する人達が、ランカーとして大会で活躍したりしています。とにかく練習すればするほど上達するという、分かりやすいゲームだと思います。

他にもDMMが提供する分かりやすいゲームと言えばこれですね。

パズドル (パズルアンドドールズ)

ハンゲームの提供しているスマフォアプリ「マジモン」

5体以下のモンスター及びそのモンスター達の支援スキルを持つ1つのマジックスターを揃えてチームを作り、敵チームと対戦して報酬を得てモンスター及びスターを強化していくゲームです。また、モンスター及びスターにはマスター(プレイヤー)が召喚してからフィールドに登場するまでのターン数が設定されています。モンスターが全滅するか、プレイヤーのライフが0になるかすれば敗北となります。
モンスターにはレア度があり、レア1~9まで存在します。基本的に、レア度が上がるほどスペックが高いです。
また、このゲームには「火」「水」「雷」「地」「風」の5つの属性が存在します。
スキルは物理スキルと魔法スキルに大別されており、物理スキルではプレイヤーにもダメージを与えられますが、魔法スキルではプレイヤーにはダメージを与えられません。
スキルの一例をあげると、以下のようになります。
飛行:敵モンスターの物理攻撃を受け付けない
撃ち落とし:「飛行」スキルを無効化する
不意打ち:フィールドにモンスターがいてもプレイヤーにダメージを与える
サディスト:物理スキルで敵にダメージを与えると物理スキルの攻撃力があがる
カウンター:物理攻撃を受けたら反撃する
アンチマジック:魔法スキルを無効化する
サージマジック:アンチマジックを無効化する
応援:味方プレイヤーが呼び出した味方モンスターが登場するまでのターンを短くする
妨害:敵プレイヤーが呼び出した敵モンスターが登場するまでのターンを長くする
叫ぶ:「応援」「妨害」を無効にする
このようなスキルが他にも沢山あり、とても戦略性のあるゲームだと思います。
モンスターは敵から得た「銀貨」を使用して鍋を回す事で召喚でき、また、他のモンスターを合成させることで強化・進化を行う事もできます。